読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

創価学会とのあれこれ

創価学会 (新潮新書)

黒い手帖 創価学会「日本占領計画」の全記録

創価学会の実態を知らないあなたへ―創価学会員への折伏教本分冊版 2

タノムです。

そのむかし、創価学会員がつべこべ言うので、

「あなたがたのことは、本でよく読みましたので、勧誘しても無駄ですよ」

との旨を告げたところ、その狂信者(と言ってはばかりませんよ。)は、

「どうせ、アンチの書いたものしか読まないのだろう。」などと、

私のアンチぶりを、あなどるものですから、

さすがの私も、少々腹が立ちましたね。

と、言うのもタノムにはタブーなどないので、

アンチ創価学会の書いた本で、論争するなど決して無理なことだと

承知していたので、彼らの好きな「聖教新聞社」の創価学会入門から読みました。

あたりまえでしょう。

彼らが折伏させられるもので、自分自身が折伏させられないことが重要だからです。

となりの創価学会 (宝島SUGOI文庫)

結局、アンチ創価学会を公言しつづける私ですが、

みなさん、あまり生半可に楯突くと、

創価学会という勢力に殺されますよ。

私はネットでさんざん、邪宗だの、

政教分離もわからない馬鹿者だとか言ってたら、

ストーカーされるし、本当に(交通事故と見せかけて)殺されかけるし、

ロクなことありません。

折伏・・・ねえ。

折れる。

伏せる。

その読経が退屈で、折れ伏して寝ちゃうんですね。

その点ねえ、某宗教は楽しかったなあ。

ホームパーティーとか誘ってくれるんですよ!

私はノン宗教・なんでもありです。

聖書

これって、おもしろいですよね!

タノム的には、楽しいよみものです!

戒律とかが、大嫌いですから。